「見たことない!」とゲストに言わせるウェルカムボードの作り方

ゲストと一緒につくり上げるウェルカムボード!【写真編】

ウェルカムボードとは、ゲストを楽しませるための役割を持っているボードです。飲食店であれば、お品書きなどを記入しておくことで、お勧めの商品を知らせることができます。または、お店の営業日や休業日を書いておくのもいいでしょう。そのほかにも知らせたいことを書いておくことで、有益な情報を発信できます。ビジネスの場面だけではなく、結婚式などのイベントのときにも効果を発揮します。

結婚式のときに使う場合には、新郎と新婦の思い出の写真を貼るのが一般的です。ただ写真を貼るだけではなく、デザインまで考えて貼っていくといいでしょう。人気の高いものは、ハート型です。写真をハート型にすることで、二人の愛を形にしていくのです。そのほかにもボード自体にテーマを持たせたり、季節感を演出する方法があります。または、ゲストにも参加してもらうためにメッセージを書き込むスペースを作るのもいいでしょう。ペンなどを用意しておけば、結婚式に参加した人たちがメッセージを残して言ってもらえます。

そのほかのテーマとしては、ゲストに写真を貼り付けてもらうことが考えられます。チェキを利用して、結婚式の当日に撮ってもらいます。撮ったものをウェルカムボードに貼り付けることで、ゲストも一緒に参加して楽しむことができるのです。貼り付ける場所まで指定すると、新郎と新婦がイメージしたとおりの作品が完成するでしょう。また、写真と一緒にメッセージもいれてもらうことでさらにいいものを作り上げることができます。チェキで撮影できる枚数には限りがあります。撮りなおしなども考えると、余分に準備しておくのがベストです。

チェキで撮影する分、通常よりも時間がかかってしまいます。そこで、式の開始よりも早い段階で受付をはじめるといいでしょう。時間が余った人は、撮影やメッセージを書き込むことで時間をつぶすこともできます。ほかの来場者も見ることができ、参加することができるウェルカムボードはおもてなしの心をあらしています。訪れる多くの来場者のことを考えてつくりあげていくといいです。結婚式などでしかあわないような友達がいる場合には、そのときに撮影したものは貴重な一枚となります。結婚をしたあとでもウェルカムボードをみることで、結婚当時のことを思い出すことができます。一生に一度しかない式で最高の作品をつくりあげれば、一生の宝物として残ることは間違いありません。後悔しないように全力で取り組むといいです。