「見たことない!」とゲストに言わせるウェルカムボードの作り方

ウェルカムボードのデザインに悩んだら季節感を入れてみよう

完全オリジナルのウェルカムボードといえば、飲食店で見かけることが多いです。しかし、友達の誕生日や結婚式のときにも役立つのです。その特徴は、製作者によって様変わりすることです。結婚式の場合には、結婚をする両名のアイディアや意向を考えて作るものです。その作品のテーマは自由に決めることができます。基本的には、思い出の写真を貼っていって製作をしていくものです。二人の関係性や思い出を表す写真を使うことで、来場者も一緒に喜んだり、思い出に浸れるものとなるでしょう。

デザインを個人で考えてもいいのですが、プロの人に依頼をしたり、アドバイスをもらうこともできます。写真を貼るときには、ただ単に貼るのではなく、ハートの形にしたり、ピン以外のもので張っていくといったデザインもあります。さまざまなアイディアを出していくことで、楽しく製作をすることができます。ホワイトボードを使って、写真を貼っていき、空いたところに寄せ書きをするといった使い方もできます。

見た目だけでなく、見た人が楽しくなるようにメッセージも添えてあるといいでしょう。または、来場者も一緒にメッセージを書いたりと、参加できるものだと楽しむことができます。そのウェルカムボード自体が新しい思い出となることは間違いありません。結婚式にふさわしいようなものを作るのが好ましいです。通常のものでは物足りないと感じたときには、季節感を与えてみるのもいいです。

二人が好きな季節をテーマにしてもいいですし、結婚をする季節をテーマに扱ってみるのもいいでしょう。四季をあらわすためのアイテムはいくつもあります。春であれば、桜をイメージとして利用するのがベストです。夏であれば、海や花火をデザインに組み込むといいでしょう。秋であれば、紅葉をテーマとするのがいいです。冬なら雪がベストとなります。四季をイメージしたときには、それにあった写真を選びましょう。テーマと写真の内容があっていなければ、せっかくのテーマが台無しになってしまいます。ウェルカムボード自体に四季をテーマとして組み込んであるものもあるので活用してみるといいでしょう。

四季があったほうが、季節感があってみる日ともわかりやすいです。特別な思い出があるときには、来場者もそのときの思い出の回想をすることができます。また、結婚式をあげたあとにはその季節が二人にとって、さらにいいものだと感じることができるでしょう。共通で好きな季節をもっているのもいいでしょう。