「見たことない!」とゲストに言わせるウェルカムボードの作り方

カジュアルにするなら黒板にカラーチョークもステキ

結婚式のアイテムのひとつとして最近注目を浴びているのが、式場入り口を華やかに飾ってくれるウェルカムボードです。新郎新婦の手作りであったり、家族やご兄弟・ご姉妹の作品、友人知人による作品などその種類は多岐にわたりますが、他の物と少し差をつけたいカップルや、よりカジュアルに自分達らしい演出をされたいとお望みのカップルには、黒板に直接カラーチョークを使って描くチョークアートによるウェルカムボードがおすすめです。

このチョークアートとは、最近になって話題となっている手法のひとつで、学校などで使われている黒板のミニサイズのものに、白の他にもピンクや黄色、青や緑といったカラフルなチョークで直接を絵や文字を描き、ぼかしなどの技法と取り入れてデザインを施します。若い女性を中心として人気のあるこのアートは、今では教室や講座でもその手法が学べるようになっており、レストランやカフェのメニューボードに取り入れられたりしています。

では、このチョークアートを使ったカジュアルで今風のウェルカムボードですが、直接黒板に描くので、もちろんデザインする絵柄は似顔絵でも、動物や植物でも、モチーフでも、メッセージでも何でもOKです。色とりどりのカラーからグラデーションとなる色味で文字を描けば立体的に見えたり、先端を尖らせて描く事で、細かい絵や文字の書き込みも可能です。間違えたり気に入らない部分は黒板消しや濡らしたコットンでさっと拭けば何度でもやり直すことができるので、満足のいく作品になるまでじっくりと時間をかけての作製ができます。

この手法で作られたウェルカムボードで人気のデザインといえば、手描きアートならではのぬくもりとナチュラル感が引き出せるフラワーモチーフのものです。新婦の手にするブーケをイメージしたデザインや、フレームのように書き込むデザインなど、場を華やかな雰囲気にしてくれるフラワーモチーフは、このアートにピッタリのデザインとして多く紹介されています。

また、フレーム風にアレンジしたフラワーモチーフの中には、WELCOMEや、Happy Weddingなどのメッセージ、新郎新婦の名前などを書き込むと、オリジナリティのあるご挨拶ボードとなります。両面が黒板となったボードを使って、片面にはウェディングドレスとタキシード姿の肖像を、裏面にはお色直しした新郎新婦の肖像を書き込むといった趣向をこらした作品も目に留まります。

ゲストと一緒につくり上げるウェルカムボード!【写真編】

結婚式でのウェルカムボードは、ゲストと一緒につくるとさらに一体感が高まります。参加型のものを用意してみましょう。

ゲストと一緒につくり上げるウェルカムボード!【名前編】

ウェルカムボードの醍醐味といえば、作り上げていくことです。結婚式でも用いられれますが、みんなで作り上げるのも楽しいです。

シンプル is ザ・ベスト!ミラーに白文字のウェルカムボード

結婚式を挙げる多くのカップルがウェルカムボードを準備していますが、シンプルなものを準備する方も多くなってきています。

ウェルカムボードのデザインに悩んだら季節感を入れてみよう

ウェルカムボードはレストランにも使われますが、最近では結婚式で使われることが多いです。多種多様なデザインですが、季節感を取り入れてみましょう。

WordPress theme created by ThemeMotive.